ガイナ:(株)日進産業 | フカミナトリフォーム

ガイナ:(株)日進産業

ふかちゃんからガイナを検討している方へ一言

この材料は、その名の通り断熱塗料です。いろいろな、遮熱塗料などが、同じような実験結果、動画、説明があると思いますので、私なりの説明をさせて頂きますね。

私が、この断熱のすごさをなぜ勧めるのか。それは実際にこの目でしっかりと見たからなのです。熱したフライパンに氷を乗せても溶けにくい。さらに、熱したフライパンを触れるという事実。正直初めて触るときには、びびりながら触りました(笑)

ガイナを外壁や屋根に塗ることによって、住環境の改善につながることは間違いありません。夏も冬も一年を通して、空調負荷を抑えることができ、快適に過ごせる塗料はガイナが一番だと私は思います、車も家もエコの時代ですね。皆で省エネをしましょう!

ロケット開発で培われた最先端の断熱技術

宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した断熱技術を応用し、非常に特殊なセラミックを塗料化することに成功、それを建築用塗材として活用できるようにしたのがガイナです。

遮熱性能・断熱性能、そして遠赤外線放射、あらゆる性能で家屋を熱から守り、中の温度を快適に保ちます。また、ガイナには「防音効果」もあります。

暑さ対策 ≫ 断熱・遮熱

ガイナの球体セラミックによって、太陽光に含まれる赤外線を反射します。また、ガイナ表面温度が周辺の温度に適応し、熱の移動を最小限に抑えます。

ガイナの球体セラミックに侵入した太陽光に含まれる赤外線は、球体のプリズム効果により、反射と屈折を繰り返し、屋内に侵入するエネルギー量を減少させていきます。(図の左)

またセラミックに配合した遮熱物質が太陽光に含まれる赤外線を反射します。(図の右)

【関連動画】(メカニズム)暑さ対策



寒さ対策 ≫ 断熱・保温

室内空気温度がいくら高くなっても、壁・天井の温度が低ければ、熱は壁・天井から逃げます。ガイナを施工すると、周辺の温度に適応し、熱の移動を最小限に抑えます。

ガイナを外装に施工すると、外の空気温度とガイナを塗布した表面温度が適応することによって熱の均衡化が起き、その表面で熱の移動を最小限に抑えます。この働きにより、室内の熱を外へ逃がしにくくします。

【関連実験動画】
ガイナを塗布した鉄板と、無塗布の鉄板を2枚用意し、バーナーの上で加熱していきます。熱された鉄板の上に氷を乗せることで、下からの熱影響を断熱している様子を見ていく実験です。



騒音対策 ≫ 遮音・防音

ガイナと膜面は、大量のセラミックで隙間なく覆われているため、効率よく音を反射するだけでなく、制振効果によって音を軽減します。

【関連実験動画】



臭い対策 ≫ 空気質改善

ガイナは帯電性0.0の性質を持っており、汚濁物質が付着しにくく、さらにイオン化した水分が、浮遊している汚濁物質と結合をし、汚濁物質を浮遊しにくくなります。

【関連実験動画】
一般的に空気中を浮遊しているホコリ、チリ、花粉などの汚濁物質は、プラスの電気を帯びることで、浮遊しています。また、これらの汚濁びっ室は、室内の壁や天井に静電付着します。ガイナは、帯電性0.0の性質を持っており、汚濁物質が付着しにくく、さらに、イオン化した水分が、浮遊している汚濁物質と結合をし、浮遊しにくくします。



女性スタッフお気軽に
お問合せください!

   

会社案内

   

外壁・屋根塗装

ブログ

インフォメーション

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:00~20:00(年中無休

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ