宮崎で屋根工事、屋根修繕、屋根リフォームなら【フカミナトリフォーム】口コミでも評判・無料見積り実施中!

おかげさまで15周年
  • 都城店宮崎県都城市一万城町40-6
  • 宮崎店宮崎県宮崎市宮崎駅東3-5-4小濱ビル1
お客様専用フリーダイヤル
0120-508-416
営業時間9:00~20:00  土日祝も対応

屋根葺き替え・カバー工事 塗装できない屋根には、屋根の張り替えかカバー工法がオススメ!

屋根を張り替えるリフォームならお任せください!屋根葺き替えorカバー工法

屋根をリフォームするには、主に『屋根葺き替え』と『屋根カバー工事』、そして『屋根塗装』の3種類があります。
既存の屋根材を撤去して、新たな屋根を張り直すのが『屋根葺き替え』、既存の屋根材はそのまま残し軽量ガルバリウム金属の屋根を被せるのが『屋根カバー工法(重ね葺き)』です。

新たな屋根に張り替える
『屋根葺き替え』

既存の屋根材を撤去して新たな屋根材を張るのが屋根の葺き替えですが、様々な屋根材から選ぶことができるため、一番自由度が高い屋根のリフォーム方法です。
屋根葺き替えのデメリットとしては、屋根リフォームの中では最も費用が掛かる点です。一方メリットとしては、日本では一番古くから施工されている工事で、最も王道で信頼性が高い工事とも言えます。さらに、外観を一新でき、葺き替える屋根材を軽量のものにすることで、耐震性を向上させることもできます。

屋根葺き替えにオススメの屋根材

遮熱カラーベスト 79.8万円〜

屋根材・外壁、雨樋を取り扱うメーカー・ケイミューが販売するカラーベストシリーズ「コロニアル遮熱グラッサ」。ケイミューが販売する化粧平板スレート屋根の中でも特に優れており、オススメできる屋根材です。軽量・遮熱に加え、メンテナンスフリーなどのメリットがあります。

詳しく読む →

平板陶器瓦 89.8万円〜

耐久性や防火性に優れ、古くから日本家屋に使われてきた粘土瓦。新東株式会社が販売するCERAM-F(セラムF)シリーズは、ネックであった瓦の重量を20%ほど軽減し、さらには機能面での向上により、皆さんの大切な暮らしを守ります。

詳しく読む →

石粒付き鋼板 94.8万円〜

新東株式会社の「SHINTOかわらS」は、天然石とガルバリウム鋼板を合わせた、高耐久ハイブリッド屋根材です。軽量な上に、瓦同士をビスでがっちりと固定する頑強な固定法で災害に強く、天然石の層が重厚感溢れる風合いを醸し出しています。

詳しく読む →

既存の屋根材の上に重ね葺き
『カバー工法』

屋根カバー工法は、瓦屋根以外の屋根あれば施工可能です。劣化が進み、塗装では十分な耐久性が期待できないときなどにカバー工法をご提案します。
カバー工法は、既存の屋根材の上に軽量金属(ガルバリウム)の屋根を被せることが多く、耐震性の観点から重さも考慮した材質選びが必要です。
カバー工法のメリットとして、屋根が二重になるため防音性、遮熱性に優れる点と、廃材も出ないため工期も短く、屋根葺き替えと比べてもコストも抑えられます。
※ 瓦屋根にはカバー工法は適用できません。

屋根カバー工法にオススメの屋根材

ガルバリウム屋根69.8万円〜

ニチハの「横暖ルーフ」シリーズは、耐久性はもちろんの事、他の屋根材にはない断熱性や遮熱性能を持ち、遮音性も高い、非常に優れた金属屋根材です。また、 メーカー保証に関しても非常に手厚い保証が用意されており、年間で多くの方が横暖ルーフを選択されています。

詳しく読む →

石粒付き鋼板79.8万円〜

新東株式会社の「SHINTOかわらS」は、なんといっても、その重厚感溢れる佇まいからは想像し難い軽さが魅力!葺き替えだけではなくカバー工法にも最適ですので、新築時だけではなくリフォーム時にもご利用いただけます。

詳しく読む →

上記でご紹介している屋根材は一部です。各メーカーの屋根材をご提案できますので、ご希望の屋根材がございましたら、お気軽にご相談ください。災害に強い屋根、地震に強い屋根など、目的に応じて、各種ご提案致します!

屋根葺き替えとカバー工法の
違いを比較

ー屋根葺き替えに適したケースー

  • 今現在の屋根が瓦屋根である
  • アスベストが含まれていない屋根材
  • 屋根の劣化が進行している場合

ー屋根カバー工法が適したケースー

  • 2005年以前に建築された住宅
  • アスベストが含まれている屋根
  • 今現在の屋根が瓦屋根ではない

屋根リフォームの工事種類ごとの比較ガルバリウム軽量金属の屋根にする場合の比較

耐久性 耐震性 費用 工期 備考
屋根葺き替え ◎高い
(30~40年)
◎最も高い ▲最も高い ▲長い
(10日前後)
費用は高いが、一番信頼性は高いリフォーム方法
屋根カバー工法 ◎高い
(30~40年)
〇現状維持 〇高い ◎短い
(5日前後)
アスベスト屋根で塗装できない屋根には最適(瓦屋根を除く)
屋根塗装 〇普通
(5~15年、塗料による)
〇現状維持 ◎安い 〇普通
(1週間前後)
瓦屋根は、注意が必要劣化が進んだ屋根にはNG

屋根葺き替えはどんな屋根にも対応できます。しかし2005年以前の住宅で、かつスレート屋根の場合、アスベストが含まれているスレート材を使用しているケースが多く、その場合は屋根を剥がすのにはアスベストの処分費も必要となるため、どうしても高額になります。

瓦屋根は『葺き直し』工事もOK

瓦屋根の場合、漆喰が剥がれてきた、棟が歪んでいる、などの時は瓦を一旦下ろし、防水シートを張り直して、再度下ろした瓦を積み直す葺き直しという工事方法も選択可能です。
基本的に、日本瓦は何十年も持ちます。寺院などの屋根も基本瓦ですが、何年も持っていますよね。日本瓦は主に陶器でできていて、陶器は、割れない限りは基本的にかなり長持ちするのです。
葺き直しですと見た目を一切変えずに施工できますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。

屋根は、屋根材の下にルーフィング(防水シート)と呼ばれるものがあり、このルーフィングが二次防水となっています。しかし、防水シートの寿命は約10年。また、瓦屋根は棟が歪んだりしていることもあります。15~20年に一度は葺き直しor葺き替えをすると、雨漏りの心配もなくなりますよ!

屋根リフォームは
『音』にも注意!

屋根をリフォームする際、葺き替え、カバー工法、もしくは屋根塗装いずれかを選ぶわけですが、特に葺き替えとカバー工法は費用だけではなく、それぞれ注意点もあります。
例えば、屋根葺き替え工事で、耐震性を重視してガルバリウム屋根を選んだとします。屋根自体は軽くなるのですが、もう一つ気を付けなければいけないポイントが『音』です。薄い金属板の屋根材ですので、耐久性は高くても、スレート屋根と違い『音』は大きくなりがちです。逆にカバー工法は、屋根が二重になるため、雨音などはむしろ静かになります。
屋根葺き替えは、防音対策までしっかり考えて選ぶことが重要なのです。

屋根リフォームは
正しい工事方法を!

屋根をリフォームするにあたって、様々なご要望がある思います。
「屋根のリフォーム、なにがいいのか知りたい」
「価格が高くなるので、できれば費用は抑えたい」
「やるなら、ちゃんと施工できる会社にしたい」
などなど、お客様のご要望をお聞かせください。
屋根のリフォームといっても様々な方法があり、葺き替えやカバー工法だけではなく、屋根塗装もありますし、逆に部分補修だけで十分というものもあります。
その判断をするためにも、無料の屋根外壁診断をご利用ください。無理な営業等は一切行っておりませんので、お気軽にご相談ください。

地域密着・信頼度No.1!累計実績2,000棟以上!当店が選ばれる理由 非対面で見積りが取れます!オンライン見積り無料! 雨漏り修理解決率100%。雨漏りの原因を詳細に調査!雨漏り鑑定士が対応致します! 屋根と外壁を隅々までチェック!住宅無料点検 業者選びで迷ったら・・・フカミナトリフォームショールームへお越しください! 毎月開催!外壁塗装・屋根塗装の無料セミナー!
フカミナトリフォーム公式YouTubeチャンネル

お問い合わせ・お見積りはこちら

お気軽にご相談ください!お客様お問い合わせ専用ダイヤル0120-508-416

24時間365日受付中!

非対面でも
お見積り致します!

メール問い合わせ オンライン見積もり
地域密着!
対応エリア
宮崎市都城市日南市串間市三股町高原町西都市 小林市えびの市綾町国富町新富町高鍋町川南町都農町木城町西米良村鹿児島県曽於市志布志市 霧島市 その他エリアもご相談ください!
LINE見積もり お問い合わせ お電話
PAGE TOP