外壁塗装で火災保険を利用する方法 | フカミナトリフォーム

外壁塗装で火災保険を利用する方法

台風や豪雨などの災害によって、建物やカーポートが破損した経験があるという方は多いのではないでしょうか。外壁塗装と火災保険は無関係に思われるかもしれませんが、保険の適用条件をクリアすれば、外壁塗装でも保険金が支払われる可能性があります。

ただし、必ずしも適用されるわけではありませんので、万が一のときに備えて条件を知っておくことが大切です。このページでは、火災保険の種類や補償内容、利用するときの流れなどについて紹介します。

火災保険の種類

火災保険は主に3種類あり「住宅火災保険」「住宅総合保険」「オールリスクタイプ」に分類されます。それぞれ補償内容が異なるため、まずは加入している保険について確認しておく必要があります。

住宅火災保険

住宅火災保険は、最も一般的な火災保険のタイプとなります。

対象となる災害は、火災、落雷、破裂・爆発、風災、雪災、ひょう災です。

住宅総合保険

住宅総合保険は、住宅火災保険よりも補償範囲が広い火災保険です。

住宅火災保険の補償内容に加え、水害、水濡れ、暴行・破損、盗難、飛来・落下・衝突、家財の損害も対象となります。

オールリスクタイプ

オールリスクタイプは、住宅総合保険よりもさらに補償範囲が広い火災保険です。

各保険会社によって内容は様々で「工事の規模に関わらず保証金が支払われる」「補償範囲を細かく設定できる」など、加入者のニーズに合わせて選ぶことができます。

外壁塗装で火災保険が適用されるケース

火災保険は様々な災害に対して補償を受けられますが、外壁塗装では風災または水害によって被害が及んだ場合に適用される可能性が高いです。ただし、それぞれ定義・条件があります。

また、屋根や雨どいに写真のような被害があった場合は、雨漏れに繋がる可能性が高いので早期に工事が必要です。加入している火災保険の「災害補償」を適用することで、実費負担を極力減らした保険工事が行えます。

風災で適用される条件

【風災の定義】
最大瞬間風速20m/秒以上の風によって、被害・損害が生じた場合

【対象となる事例】
・台風などで外壁や瓦が吹き飛ばされた
・台風のあとに屋根を確認したら瓦がズレていた
・強風で屋根材が飛んでいった
・強風で飛んできた飛来物が建物にぶつかり破損した

水害で適用される条件

【水害の定義】
保険会社によって異なりますが、水害となる目安は次の通りです。
・建物または家財それぞれの時価の30%以上の損害である
・浸水による被害の場合は、地盤面より45cmを超える必要がある

【対象となる事例】
・台風によって45cmを超え浸水した
・土砂崩れにより家の30%以上が破損した

注意点として、お風呂の水栓閉め忘れて床が濡れてしまった場合などは、水害ではなく水漏れになりますので、別途補償を付けておく必要があります。

適用外となる事例

次のケースでは、基本的に保険適用外となります。

・経年劣化による破損
・施工不良
・新築時から見られる症状

火災保険を利用するときの流れ

火災保険を利用するときの流れは次の通りです。当社と日本住宅保全協会が保険申請手続きを一括サポートします。

※1.住宅診断で被害がある場合は、約1週間で保全協会より保険申請書類がお客様に届きます。届いた後、ご加入中の保険会社に保険申請の一報をしていただきます。一報の方法、内容は保全協会よりアドバイスいたします。
※2.保険会社による審査(現地調査・鑑定)が行われる場合当社も同席致します。
※3.保険金支給後、修繕工事を実施させて頂きます。

お客様の声

【67才男性】
チラシを見て気になり問い合わせをしてみた。外壁塗装をそろそろやらなくてはと思っていた頃だったが、住宅調査の結果、保険金が支給された。

保険金で屋根や外壁の診断や修繕が行えるとは思ってもいなかった。全て自腹だと思っていた工事費用が保険金でまかなえて、大変ありがたかった。

【42才女性】
懇意のリフォーム会社からの紹介で話を聞く事になった。最初はよくある怪しいサービスかと思っていたが、こちらが理解出来るまで一つ一つしっかり説明してくれた。

日本住宅保全協会は、資料や調査の技術がしっかりしており、全国に加盟店も多くキャリアも長いので安心できると思ってお願いした。

【56才女性】
火災保険は火事があった時に使うものだと思っていたが、自然災害でも適用されるという事を初めて知った。

何かあってからでは遅いので、住宅診断をしてもらい、保険金にて修繕を行う事が出来てよかった。

3年前まで遡って申請できます

火災保険は災害が発生してから3年以内であれば、後からでも申請することが可能です。これは法律で定められた期間なので、どの保険会社でも変わりはありません。

ただ、被害発生から時間が経過すると、保険鑑定会社が実際の被害状況を判断しにくくなるため、火災保険が適用されない可能性も出てきます。保険が適用される可能性を上げるためにも、被害が確認できたらできるだけ早く申請するのが望ましいです。

当社では無料で住宅診断を行っていますので、ぜひお気軽にご相談ください。

女性スタッフお気軽に
お問合せください!

   

会社案内

   

外壁・屋根塗装

ブログ

インフォメーション

お客様の声満足度93.2%!
お客様の声

お問い合わせ

下記よりお気軽にお問い合わせください。

電話受付時間 9:00~20:00(年中無休

メールは365日24時間受付中です!

スタッフ